神津にいくばぁ!の神津島ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

精神って不思議

精神、つまり心って不思議ですね。
今日、卒業式の校歌斉唱の指揮をやらせていただきました。
・・・もともと、音楽の才能がない自分にとって指揮の意味は、
高校生になるまでわかりませんでした。
ただ、4拍子なら4回振る、とかそんなイメージしか持っていなかったです。
しかし、1年生の頃、合唱祭で、同じく校歌の指揮をやったとき、
指揮の存在の大切さと、合唱の調和がいかに素晴らしいか知りました。

で、卒業式の指揮はもともと違う人が立候補していたらしいんですが、
その人が自分に代わって欲しいと言ってきたんで、これと言って用事はなかったんで、OKしました。
(依頼された時は、直接指名されたと勘違い・・・)

で、それからは、合唱祭の時と同じでいいと思っていて、
合唱祭時の指揮を取り戻すべく、練習はしました。

↑のように思っていたので、特に音楽の先生に質問することもなく、
昨日、卒業式予行にのぞみました。

予行の前に舞台上で、初めて会う伴奏者の伴奏に合わせ、
指揮を振っていました。
そしたら、音楽の先生が来て、指揮をしている自分に言いました。

「なんだそれは」

自分の6拍子(校歌は6拍子)を見て、怒りました。
自分の6拍子は、正式なやつじゃなかったらしいんです。

「僕は君を待っていたんだよ、でも呼び出しはしなかってけど」
「君が完璧ならいいけど、そんなんじゃだめ。」
「これは、式(卒業式)だよ。」
「初めて見る1000人が、指揮をみて歌える指揮じゃなきゃだめなんだ」
「指揮は練習に練習を重ねてできるんだ」
「予行は、そのだめなやつでやりなさい。」

って、責められました。
呼び出をしないとこは、さすが校風は「自主自立」だなと、思ったけど、
自分は適当な気持ちでなく、思い込みだったけど合唱祭の時ようにはできるようにはしました。
決して、何もしてなかったわけではないです。

自分は、本来指揮者をしようと思ったわけでもなく、
頼まれたときは、そこまで「やってやる!」という気持ちはなかったし。
頼まれた時も、簡単だからとか言われ、
軽い気持ちでした。
(そんな気持ちでやるっていうのもだめなんですけどね。)

で、責められまくった後には、

「この後、教えていただいてもよろしいですか」

と、お願いおして、
数分後には、

「今、できることはありませんか」

って聴いて、やれることはしようとしました。

正式な6拍子は、今までの自分と違っていました。
しかも、そのふたつを混ざると、1拍ずれてしまうやつでした。
付け焼刃の正式6拍子をやっていると、
そのうち、昔の感覚でやってしまし、5拍子になってしまい、
卒業式予行は、めちゃくちゃ間違えまくりでした。
卒業生の前、舞台上で・・・。

で、全体の予行が終わり、
当日の進行を教わった後に先生に教えていただいたんですが、
正式6拍子を「1、2、3、、4、5、6」と数えながら、
振るだけで、しかも5分程度で

「うん、明日はそれだけで大丈夫」

と言って、
3年生の卒業式を台無しにしたくないという
圧力に押しつぶされそうな自分を置いて、仕事に戻っていきました。

その後は、部活、バイト、と時間がつぶれ、
指揮の練習ができませんでした。

帰宅後、ご飯、お風呂etc をした後に、
45分ぐらい睡魔と闘いながら練習しました。
寝たのも、
「もう、やだ!」
って、感じ、布団にうずくまった時に、
電気もつけっぱで、寝ようと意識せず寝てしまっていました。

朝、7時に目覚まし時計に起こされるも、
ほんとに指揮をやるのが恐く、二度寝です。
目覚ましが5分後とになるやつなので、
寝坊はしませんでしたが、結局はっきり起きたのが8時。

そっから、イヤイヤな気分になり、
ほんと逃げたかったです。
でも、メールを見ると、昨日相談した人から。

「大丈夫ッ(☆^∪^☆)
先輩達のために一生懸命ゃろぅとするコトに意味がぁる!!!!!
ってか,OOくん上手ぃし,今日頑張ってたしッ(≧∪≦)
明日ゎリラックスしてのび②とOOくんらしくゃっちゃって㊦さぁぃ(∧ω∧)ノ」

って、ありました。
これを見たら、なんか気持ちも軽くなって、
そこまで、下手じゃないし、6拍子は振れるし、
自分の中で、卒業生が自分に期待しているって思いすぎなんだな~
って、なんとなく思えて、少し余裕ができました。

そして、登校し、卒業式。

そこまで緊張することなく、
自分なりのいい出来ができました。
2回間違えてしまったけど、大きな間違いでもなく、
式を壊すまでにいたらなくて、良かったです。

でも、もっとちゃんと時間をとり、いい指揮をしたかったなと今は思います。

ほんと、小さなことでも、メールでも元気付けられるものです。
やっぱ人は、1人で抱え込んだりしないで、
もっと他の人と接するべきなんだね。(自分にいいきかせてる)
スポンサーサイト

テーマ : 今日の独り言
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

中村圭

Author:中村圭
中学卒業まで神津島で暮らし、高校から本土へ上京。大学を卒業し、本土で働く。そして、島に戻り、島人として生活をします。

ホームページ

 神津にいくばぁ!

圭へのお手紙
お問い合わせなどあればこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

来島者数
最近の記事
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。