神津にいくばぁ!の神津島ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

温泉保養センター 大改修へ

<温泉保養センター 大改修へ>

 神津島の村は、温泉保養センターの露天風呂の新設を発表した。新規に設置される「海中風呂(仮)」を始め、寝そべりながら空を見上げれる浅い部分を大露天風呂に建設するなど、今までの改修工事とは異なる方向性の工事を行う予定。

 まず、小露天風呂の奥に、目の前まで海がせまり、まるで海の中にいるような気分を味わえる3~4人が入れる程度の浴槽を新設する。この「海中風呂(仮)」は、海が穏やかなとき限定での開放で、危険なときは立ち入りを禁止する。また、開放時には監視カメラを取り付け、海への入水を監視する。また、笛、救命浮き輪を設置し事故防止に取り組む予定。また大露天風呂には、寝そべって浸かれる程度の箇を設置し、照明が直接そこに当たらないような工夫を施し、寝ながら天体観測を行うことが出来るようにするという。展望露天風呂には底上げを行い、入浴しながら水平線まで見れるようにし、海の表情を見ながらの入浴を可能としていく方向性だ。
 
 内湯に関しては、大島の玄武岩を取り寄せ、浴槽に大島の雰囲気を味わえる「大島溶岩の湯(仮)」、新島のコーガ石で「新島コーガの湯(仮)」、神津島の黒曜石を使用した「神津島黒曜石パワーストーンの湯(仮)」を設置し、様々な島の表情に触れ合える風呂にする。また、明日葉の加工物を利用した「明日葉の湯(湯)」をイベントなどで開催するという。くさや汁を再現した「くさやの気分(仮)」は、島民の反発があったため見送られる。

 変身した、温泉の改修が終わるが待ち遠しい。

注意、この記事は冗談です\(^o^)/
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

中村圭

Author:中村圭
中学卒業まで神津島で暮らし、高校から本土へ上京。大学を卒業し、本土で働く。そして、島に戻り、島人として生活をします。

ホームページ

 神津にいくばぁ!

圭へのお手紙
お問い合わせなどあればこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

来島者数
最近の記事
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。