神津にいくばぁ!の神津島ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

錆崎温泉が復活 温泉キャンプ場で集客へ

<錆崎温泉が復活 温泉キャンプ場で集客へ>

 神津島の村は、温泉保養センター近くにある錆崎温泉の跡地の整備を進め、季節限定の無料温泉の開設、沢尻湾から錆崎温泉(仮)への遊歩道の設置を発表した。温泉は温泉保養センターからパイプラインを敷く。錆崎トンネルを通行しなくても沢尻湾から直接温泉にいけるということで、自然を感じる遊歩道となる。また、沢尻湾を温泉付きのキャンプ場として推進していく予定。日没時には入浴しながら夕陽を眺められるスポットとなる。
 
 当面はゴールデンウィーク、夏季、イベント時を中心としてお湯をはり運営する予定。船会社から、神津島への乗船予定人数のデータなどをもとに通常の土日の運営を決定していく方針。

 これにおける予算は、遊歩道整備(草刈り、階段整備、橋の設置)に30万円、温泉本体の建築にセメントなど材料費等で50万、温泉保養センターからの温泉パイプラインの設置で50万の計130万円での整備を見込んでいる。建設年度以降の年間管理費は遊歩道整備等で10万円/年、温泉の清掃などの営業費用5000円/1日、年間約70日の営業で35万円/年、パイプライン整備積立金5万円/年の年間50万円を見込んでいる。経済効果として、温泉に入れるキャンプ場としての口コミが広まり、来島者が年間100人増加で一人あたりの滞在費1万円として100万円、温泉に寸志箱を設置し、年間3万円の募金を見込んでいる。



注意、この記事は冗談です\(^o^)/

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

中村圭

Author:中村圭
中学卒業まで神津島で暮らし、高校から本土へ上京。大学を卒業し、本土で働く。そして、島に戻り、島人として生活をします。

ホームページ

 神津にいくばぁ!

圭へのお手紙
お問い合わせなどあればこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

来島者数
最近の記事
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。